このままで良いのか!日本

Posted on Jan 12, 2010 in blog

こんにちは。

3連休明けの1月12日。今日は一段と寒いですね。

3連休明け&寒い日!これだけで、仕事したくなくなるのは私だけでしょうか?

ちょうど、昨日1月11日は、成人式。
8万5766人が成人を迎えたそうですね。

1992年に比べほぼ半減したなど、ニュースで取り上げられてました。
そうニュースを聞くと、改めて少子化を考えさせられます。

といっても、8万5千人もいるのだから、それ相応の数ですけどね。

ちなみに、昨年の大河ドラマ 直江兼続の生まれ故郷である新潟県南魚沼市を調べたら約6万1千人でした。この市よりかは多いんだと思いました。
ニュースで何万人とか言われるけど、それが多いのか?どのくらいの規模かってあまりわかっていませんよね。数字感覚の話は、企業経営に一番求められますが、この話はまた今度。

で、話に戻って。

これをきっかけに、少子化対策について考えてみましょう。
人口は国力に大きく寄与します。

現在日本の合計特殊出生率は、1.34(人口統計資料2009)ですが、アメリカは、2.04と高い数字を保っています。

民主党政権になり、子ども手当や公立高校無償化など家庭への支援策が打ち出されていて大いに喜ばしいですが、人口を増やすという視点での取り上げられ方が少ないように思えます。
民意として強く訴えかけていきましょう。

さて、少子化対策は何を考えればよいか?
この少子化対策で成功したと言われるのが、フランスです。
(逆に、お金だけつぎ込んで成果が出なかったのがドイツと言われています)

ご存じの方も多いのかもしれませんが、
少子化対策を語る上で3つの軸で整理してみましょう。

■社会環境
フランスは、1999年にPCAS(連帯市民協約)という法律を制定し、婚外(婚外子)も税制や社会保障を結婚と同等に扱うようにした。

※先日、日本でも、性転換し戸籍上男性となった夫と人工授精で妻が出産しても嫡出子と認められないというニュースが出でいました。
夫婦の形態というのが変化している中、幅広く制度を整備擦る必要があるのでしょう。
会社においても同じですね。
発生源にやたら気にします。
経営会議で、「事業採算表」が事業企画や経営企画が作ることが多いと思います。
稀に、営業が独自で試算し、問題解決の一手を提案することがあります。
そんな時に、「事業採算は、本来、経企(経営企画の意)の仕事だ!勝手なマネはするな。」と叱っている場面をよく見ます。
誰が作ったか?なぜ担当外の事をしたのか?など中身の議論がなく、管轄や責任のはなしばかりします。各部署が好き勝手し統率が取れないのは良くないですが、誰が作ったかなどの本質外の事はそろそろヤメにした方が得策です。
『責任・管轄』から『内容』の議論へ変わりたいですね。

■労働環境
育児休暇中の休職手当てを支給する。
復職してもで同等地位が保証されている。

※男が働き、女が家庭を守る。そんな古い慣習にとらわれずに女性が働ける環境がいるのでしょう。
日本はまだまだ勤続年数や労働時間などの物量で物事を評価する文化が根づいてますよね。
だから、残業をいっぱいしている人=頑張っている人 などのバカらしい風潮が根づいています。
これからは、生産性や付加価値を高める意識が必要です。
『物量』 から 『付加価値』 へ変わりたいですね。

■家庭環境
収入に関係なく家族手当がでる
保育園、幼稚園を充実させている
3人以上いる家庭には運賃割引やレジャー施設などの割引を充実させている

この3つの軸で、民主党の政策を見ていきたいです。

2010年01月12日
思いやりを持った一日を。