blog

ネットワーク型の知的インフラ

Posted on Jan 8, 2015 in blog

ネットワーク型の知的インフラ

技術者の経験・工夫・努力・失敗(私はこれを技術資産と呼んでいる)を可視化し、共有し、高度化していくコンサルティングをやっていると、この技術資産をどう管理していくか知的インフラのあり方に悩みます.ここ20年くらいで企業としての技術資産のあり方が変わったと思いますので、知的インフラのあり方について書き記したいと思います.   ■ネットワーク型の知的インフラ 経験や技術資産を企業として管理し活用する仕組みとして知的インフラの構築が必要です。昔は、先輩は自分より知っていて、先輩は後輩の道のほとんどを通っています。後輩の経験を包含し、より幅の広い知識を有しているため、「ピラミッド型」の技術資産のあり方だと思っています。積上・年功序列・一本道・農耕組織などのキーワードが当てはまります。そのため必ずベテランはマイスターであり、組織の中で何でも知っている大黒柱となるのです。 一方、ここ10年,20年の傾向としては「ネットワーク型」になっているように思えます。組織内で経験の領域が分散されており、ある意味分業やM&Aが進んでおり、経験が分散されてるとも言えます。分業型・多角事業・M&A・狩猟組織・個の独立などのキーワードが当てはまります。先輩や組織長が設計レビューしようとしても自分のやったことのない設計図面をレビューすることが増えてきていると思います。     ■ネットワーク型の知識へのふるまい方...

Read More

2015年の抱負「礎」

Posted on Jan 6, 2015 in blog

2015年の抱負「礎」

みなさま。あけましておめでとうございます。   2015年が始まりました。プリベクトの今年の抱負は、「礎」です。2015年2月で創業丸 5年 となります。2014年はソリューションセミナー、ITソリューションベンダーとの協業セミナー、学会などプロジェクト活動以外にも力を入れた年になりました。次なるステップに挑戦するためにも、5年間で培ってきた経験を振り返り、足元を固めるという意味で「礎」を抱負にしました。   「技術」と「会計」を融合する。このコンセプトを実現すべく企業改革を支援したり、研究を重ねているのですが、どうしてもまだまだ間違った認識が広まっています。「 設計の見直し=BOM/PLM 会計の見直し=ERP 」 このような先入観のもと、間違った改革活動をしている企業を多く見てきました。設計の改革はBOMなのでしょうか?ERPを導入すれば会計は良くなるのでしょうか?これらの活動はバラバラに行われており、企業の付加価値と採算性を左右する設計領域において、「技術」と「会計」がバラバラとなっています。魅力ある製品かつ儲かる製品を実現するには両方の融合が欠かせないのです。  ...

Read More

9月21日 原価計算研究学会 全国大会を終えて・・・

Posted on Oct 8, 2014 in blog

9月21日 原価計算研究学会 全国大会を終えて・・・

2014年 9月 21日に 原価計算研究学会 全国大会にて 研究報告 をしてきました。 (大会についてはこちらから)神戸大学にて開催されました。大会3日目の第2報告で、全国大会での報告は今年で4年目になります。今年は、日本管理会計学会の全国大会が9月12日にもあり、慌ただしい9月を送りました。  「見積原価計算の問題点と発展的活用 〜顧客価値会計の概念を用いた考察〜」というテーマでの報告です。この見積原価計算は、殆ど研究がなされておりません。私が尊敬する田中雅康先生が近年で論文をだされているくらいで、ここ20年で論文は殆ど出ておりません。コンサルタントの立場からすると非常に不思議でならない状況です。 ”設計・開発でコストの約80%が決まる” ”製品開発におけるコストマネジメントは重要である” などと言われておきながら、その根幹を担う見積原価はいまだ勘見積!なんて馬鹿げた状態であるにも関わらず、見積原価計算について研究がなされておりませんでした。なので、見積原価に特化した報告にいたりました。過去のブログ(Blog:見積原価の難しさ・・・)に報告主旨を記載してますので良かったら見てください。 報告は20分。ディスカッサントコメント5分。質疑10分。と非常に短い時間でしたが、しっかりと見積原価計算の問題点と今後の方向性について報告できたと思っています。 見積原価の問題を端的に示せば、”属人的な勘見積”...

Read More

9月12日 日本管理会計学会 全国大会を終えて・・・

Posted on Oct 1, 2014 in blog

9月12日 日本管理会計学会 全国大会を終えて・・・

2014年 9月 12日に 日本管理会計学会 年次全国大会にて 研究報告 をしてきました。 (大会についてはこちらから)青山学院大学にて開催されました。大会2日目の第2報告でした。年次全国大会で研究報告をさせてもらうのも今年で4年目となります。研究を主とされている大学先生方への報告となるので、いつものセミナーとは勝手が違います。 「戦略的固定費論〜原価企画と顧客価値会計による固定費の考察〜」というテーマで報告しました。今回はじめて固定費のみに着目して報告を行いました。報告の主旨は過去のブログ(Blog:戦略的固定費論)に記載してますので良かったら見てください。 報告は25分。質疑10分。と非常に短い時間でしたが、固定費の問題提起と、今後の研究の方向性のポイントについては伝えられたと思っています。大きな問題なのが、固定費は ”自分が使っている” という意識が薄く、どうしてもおざなりになりがちです。だから、計算に不公平があっても誰も気に留めてないということです。 例えば、「開発案件Bのために設備改修した費用が、なぜが案件Aが負担している」ということが多くの企業で起こっています。一般常識からしたらこんな事ありえないですが、会計の世界だと、固定費計算ロジックをしらないためそうなってしまうんです。これは、問題の1つでしかないです。今回5つの問題点を提起しました。前述の問題は1に該当します。※報告資料は後日公開しますので興味のある方は資料を参照してください。 固定費マネジメントの問題点 <計算の不公平性> 1.受益と負担の不一致...

Read More

原価見積の難しさ・・・

Posted on Sep 16, 2014 in blog

原価見積の難しさ・・・

2014年9月21日に、日本原価計算研究学会の全国大会にて研究報告します。12日には日本管理会計学会の全国大会にて研究報告をしました。この時期は学会の研究報告が重なる時期で毎年苦労します。日本原価計算研究学会の報告も、2011年から毎年報告していますので今年で4回目の報告となります。多くの先生方を前にするため、毎年工夫・苦労の連続ですが、権威ある日本原価計算研究学会の全国大会で研究発表させて頂けるのは本当にありがたい限りです。※大会概要はこちらから   今年は、「見積原価計算の問題点と発展的活用 〜顧客価値会計の概念を用いた考察〜」というテーマで報告をします。どの企業をみても、見積原価は本当に前近代的だなと思わされます。 企画品であれば設計開発でコストの約80%確定し、個別受注品であれば見積原価が100%するという状態です。設計段階での原価管理・原価見積・原価意識が重要である!と耳にタコが出来るまで聞かせれているにも関わらず、未だ勘見積から脱却できていません。頑張ってコストテーブルがあったとしても、鉄もの  ”キロあたり単価”  といったレベルです。見積が大事だ!大事だ!と言いながら、勘見積という滅茶苦茶な状態です。 そんな問題意識をもって、見積原価計算について報告をしたいと思います。 詳しくは、研究報告なので、別の機会に記載したいと思いますが、やはり大きな点は、「設計」と「原価(会計)」がバラバラであることが最大の問題だと思います。...

Read More

戦略的固定費論

Posted on Aug 26, 2014 in blog

戦略的固定費論

2014年9月12日に、日本管理会計学会の全国大会にて研究報告します。日本管理会計学会は2011年の全国大会から毎年研究発表しています。今年で4回目の報告となります。純粋な研究者でないものが、日本管理会計学会の全国大会という権威のある学会にて発表させて頂けるのはありがたい限りです。※大会概要はこちらから   今年は、「戦略的固定費論〜原価企画と顧客価値会計による固定費の考察〜」というテーマで報告をします。これまで、セミナーでも学会でも、製造業は固定費回収ビジネスだから固定費マネジメントが重要である。と訴えかけ続けてきました。なので、この固定費だけにフォーカスをあてて、報告をしようと思います。   固定費は事業活動のかなりの上流で、既に投資(発生)し、各事業では ”減価償却費” というアンコントロールな費目として負担させられます。しかも、この減価償却費は、法で決められた”年”で勝手に分配されます。この事業とはまったく関係のない所で、金額が動き、まったく関係のない所で負担させられます。  ...

Read More