2010/06/12 技術者のためのコストマネジメント力強化演習6 会議力交渉力強化

Posted on Jun 12, 2010 in seminar

主催:日本テクノセンター
日時:2010年6月12日
会場:日本テクノセンター研修室

テーマ:
技術者のための会議力/交渉力強化演習 ~リーダー・管理職養成コース~
6 会議力交渉力強化

概要
会議力、交渉力を高めて、問題解決やカイゼンを推進できるリーダになろう

講師の言葉
会議においてこんな事で悩んでいませんか?
□ 議論が発散して、全然まとまらない
□ 会議で決めたことを、周りが全く実行してくれない
□ 部長の鶴の一声で、全てをひっくり返されてしまう
□ 発言する人が少なくて、議論にならない
□ 上手く議事録が書けない
多くの企業で会議の時間が年々増えています。
ある企業で技術部門が何に時間を費やしているかの調査をしたことがあります。
リーダクラスで約30%以上を会議に費やしていました。
会議を上手く進めることが出きずに、何度も何度も同じような事で時間を費やしていたようです。
近年、そんな背景もあり、会議術・ファシリテーション術なる本・研修を多く見ます。
しかし、
それらの本や研修にて勉強しても使えなかった。という声も多く寄せられます。
なぜなら、
それらは、製造業で行われている会議を想定できていないからです。
特に技術部門では、
・製品開発におけるDR(デザインレビュー・設計審査会・大部屋)
・製品開発における進捗会議/問題検討会
・コストダウンアイテムの部門調整会
・様々な改善活動(プロジェクトや委員会など)の会議
などに多くの時間を割かれています。
これらの会議を想定し、それにあった会議術や交渉術を身につける必要があります。
理論と演習を交えながら、わかり易く解説いたします。

受講対象者
・会議の議事進行を上手く進めたい方
・部門調整を上手く進めたい方
・改善活動などのプロジェクトを円滑に推進したい方
・会議を円滑に進行できる部下を育成したいと考えている方

修得知識
・ファシリテーション力
・会議推進力
・プロジェクトマネジメント力
・ネゴシエーション力
・議論力
・ワークショップ力

プログラム
1. 会議を進めるのはなぜ難しいのか?
・会議とは何か?
・会議は何のために必要なのか?
2. 円滑な会議・交渉を進めるには?
・1対1で話せば通じるのに、なぜ会議になるとモメるのか?
・議論が食い違う(もめる)5つの理由
・会議の準備で最低限行うこと
・議事録の取り方を変える
・【演習】ケース別交渉
3. ファシリテーション力を身につけ会議を変える
・交渉を上手く進める話しの聞き方とは?
・異論・反論に対する答え方で会議が変わる
・ホワイトボードの使い方で会議が変わる
・交渉を劇的に変える一言とは?
・【演習】模擬会議によるファシリテーション